臨床検査部

臨床検査部

  1. TOP
  2. NCNP病院について
  3. 診療科・部門紹介
  4. 臨床検査部

業務内容・特色

臨床検査部では、病気を診断したり治療法を決定したりするのに必要な様々な検査を行っています。
その仕事は大別すると脳波や筋電図など直接患者さんのからだの機能を調べる生理検査部門、血液や尿などの検査と、手術や病理解剖などで患者さんの身体から直接得られた人体組織の標本を顕微鏡で観察して診断する検体検査部門、さらに全国の病院から送られてきた検体も含め遺伝子診断や生検筋の病理診断を行う遺伝子検査診断室の3つです。
当院は精神疾患と筋疾患、神経難病を対象とする高度先進的医療を行うナショナルセンターであることから、これらの部門では当院の特別な役割を果たすために、特色ある業務を行っています。

また、医療関係者向けに「光トポグラフィー検査講習会」を開催しております。
詳細については、臨床検査部 セミナー一覧をご覧ください。

生理検査部門

検体検査部門

スタッフ紹介

吉田 寿美子
役職

部長

経歴

専門分野・資格

精神科

齊藤 祐子
役職

医長

経歴

専門分野・資格

神経病理・神経内科

後藤 雄一
役職

遺伝子検査診断室 医長(併任)
メディカルゲノムセンター長

経歴

専門分野・資格

分子遺伝学

金子 裕
役職

MEG検査室 医長(併任)

経歴

専門分野・資格

脳神経外科

松井 健太郎
役職

睡眠障害検査室 医長

経歴

専門分野・資格

精神科

都留 あゆみ
役職

睡眠障害検査室 医師

経歴

専門分野・資格

精神科

上條 敏夫
役職

臨床検査技師長

経歴

専門分野・資格

臨床検査全般

部長以下医師6名、臨床検査技師22名(非常勤技師7名含む)、技術職員1名、事務1名により構成されています。

■資格認定
・超音波検査士 3名(消化器・循環器・泌尿器)
・細胞検査士 2名
・緊急臨床検査士 2名
・睡眠医療認定検査技師 2名
・日本臨床神経生理学会専門技術師 1名
・二級臨床検査士 2名(神経生理学・循環生理・血液学)
・NST専門療法士 1名

ISO15189

ilac MRA
JAB

臨床検査室の国際規格であるISO15189の認定を2017年3月16日付で取得しました。
当検査室の認定番号はRML01290です。
ISO15189の審査には、臨床検査室の質と能力向上に必要な事項が規定されており、品質管理と技術管理に大別されます。両者を何度も見直し改善することで、臨床検査の質を高めると共に、インシデントやアクシデントも低減できます。
医療にとって正確で信頼できる臨床検査は不可欠です。ISO15189の認定は、臨床検査室の質と技術が国際規格に適合すると第三者機関から保証された証であり、大変名誉なことです。
ISO認定は、誰かが頑張れば取得できるというものではありません。スタッフ全員の技量や能力、そして徹底した情報の共有と問題解決プロセスの明確化が求められます。ラグビーで言えば「スクラムトライ」で得た認定です。
また認定後も、毎年の外部審査や、4年ごとの更新審査を受けます。取得だけでなく、維持・更新にも相当な努力を要します。 今後も職員一丸となって正確で質の高い臨床検査を提供できるように精進して参ります。