気分障害センター

気分障害センター

  1. TOP
  2. 患者の皆様へ
  3. 専門外来のご案内
  4. 気分障害センター

気分障害センターの特色

うつ病や双極性障害などの気分障害は、薬物療法だけで回復すしない場合が少なくありません。薬物療法に加えて栄養学的アプローチ、心理社会的治療、リハビリテーション、脳刺激療法など多岐にわたる治療的介入が必要となることが少なくありません。気分障害センターでは病院と研究所が連携し、当センターの様々な分野の専門家が協力して治療と研究を行い、次世代の気分障害の治療を確立することを目指しています。研究面では、病院と研究所との連携体制を強化し、生化学的、薬理学的な解明とバイオマーカー開発に取組むとともに、高精度脳画像データを用いて、新たな診断法の開発を行います。さらに、患者様、ご家族、医療関係者、国民全体が気分障害に関して正しい知識を持っていただけるよう、情報発信していきます。

気分障害センターの診療内容

従来から行われている標準的な薬物療法や通電療法以外にも、他施設では殆ど行われていない

  1. 栄養学的治療(栄養面の詳しい検査に基づいた栄養補充や食品成分による治療)
  2. 認知行動療法(物事の考え方を変えることで気分の改善を図る)、
  3. 経頭蓋反復磁気刺激療法(rTMS)、経頭蓋直流刺激療法(tDCS)等の脳刺激療法、
  4. 認知リハビリテーション(記憶・学習などの認知機能の改善を図る)、などの先端的治療(一部は臨床研究段階)に取り組みます。

(3と4は現在準備中です)

気分障害には不安障害やパニック障害、睡眠障害などを合併するケースも多く、これらについても治療を行っていきます。さらに、ご希望に応じて短期入院による詳しい検査、疾患教育、デイケアによるリワーク(復職訓練)など、当センターの資源を活用して診療を行います。

1年間経過観察し、完全寛解と社会復帰をめざします。

スタッフ(専門外来担当医)紹介

功刀 浩
役職

神経研究所疾病研究第三部・部長センター病院精神科医師併任

経歴

専門分野・資格

精神保健指定医、医学博士、日本精神神経学会専門医、日本睡眠学会認定睡眠医療専門医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本医師会認定産業医、日本臨床栄養学会認定臨床栄養医・指導医
専門:生物学的精神医学、精神栄養学

吉田寿美子
役職

臨床検査部・部長

経歴

専門分野・資格

精神保健指定、医学博士、日本精神神経学会専門医・指導医、日本医師会認定産業医、生物学的精神医学、リエゾン精神医学

住吉太幹
役職

精神保健研究所児童・思春期研究部・部長
センター病院精神科医師併任

経歴

専門分野・資格

医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医