リワークデイケアについて

リワークデイケアについて

  1. TOP
  2. 患者の皆様へ
  3. リワークデイケアについて

はじめに

精神リハビリテーション部では認知行動療法センターと連携して、「仕事場面に焦点化した認知行動療法」と「職場連携」を中核としたリワークデイケア(復職支援のための認知行動療法プログラム)を行っています。

プログラムに通いながら生活リズムを整え、復職にむけて困っていることや悩んでいることを一緒に解消しませんか?休職を繰り返している人、長期休職している人も、一緒にその原因を探っていきましょう。

リワークデイケアの流れ

<リワークデイケアの紹介動画>

目的

■復職に向けた準備を整える

規則正しい通所で生活リズムを改善しつつ、有酸素運動やストレッチなどのプログラムに参加することで、身体を動かす感覚を取り戻します。そして、他の参加者と交流を図ることで刺激を受け、孤立感を和らげていきます。

■復職後の再発への対処

症状が安定した段階で、客観的に自分を振り返ったり、ストレス場面に遭遇した際にどう対処したらよいのかを考えて、策を練ることはとても大切です。「認知行動療法」を活用して、自分を客観的に見る(観察する)力を身に付け、ストレス対処能力を高めていきましょう。

特徴

■症状の客観的評価と復職の可能性

うつ症状がどの程度良くなっているのか、復職できる準備がどの程度整ってきているのかを自分で評価することは、なかなか難しいものです。スタッフが客観的に観察・評価し、定期的な個別面談を行うことで、現状や症状をフィードバックします。

■復職時のコーディネート

復職を成功させるためには、「復職したい」という明確な意志が必要ですが、それに加えて、主治医や産業医・産業保健スタッフ、人事担当者などの意見をすり合わせることも大切です。支援開始時・終了時にコーディネート面談を行うことで、ご本人を中心に、職場と医療の両スタッフが連携して復職を目指していきます。

対象

以下1~5のすべてを満たす方がご参加いただけます。

  1. 抑うつ障害、適応障害、不安障害などの診断を受け、外来通院中の方
  2. 病気休暇または休職中の方
  3. 職場に復帰したいという意欲がある方
  4. 参加に関して、主治医の了解を得ている方
  5. 参加に関して、企業の人事または産業保健スタッフの了解を得ている方

活動曜日・時間

月曜日、火曜日、水曜日、金曜日 (※木・土・日・祝祭日はお休みとなります)
終日参加(デイケア):9:30~15:30
半日参加(ショートケア):午前ショート:9:30~12:30 午後ショート:12:30~15:30

プログラム

リワークデイケアでの活動

スタッフ

医師、看護師、心理療法士、作業療法士、ソーシャルワーカー、薬剤師、栄養士等、多職種チームでの支援を提供します。

費用

保険診療により所定の料金が発生します。各種健康保険、生活保護、自立支援医療がご利用いただけます。

「自立支援医療」(厚生労働省のサイト)

半日参加(ショートケア)終日参加(デイケア)
(1)外来診療料 730円
(2)特殊療法料 3,500円
(3,300円)
7,500円
(7,000円)
(3)医療費合計((1)+(2)) 4,230円
(4,030円)
8,230円
(7,730円)
*各種健康保険適用により
3割負担の方((3)×0.3)
1,270円
(1,210円)
2,470円
(2,320円)
*自立支援医療適用により
1割負担の方((3)×0.1)
420円
(400円)
820円
(770円)

※外来診察料は再診料のことです。
※特殊療法料はデイケアの費用です。
※1年以上ご利用の方は(  )内の料金になります。

利用手続き

利用申し込みの前に見学をお勧めいたします。随時、見学・体験参加が可能です。下記問い合わせ先にお電話でご相談ください。

当院通院中の方

  1. 主治医にリワークデイケア利用についてご相談ください。(主治医からリワークデイケア担当医師に診察依頼を出します)
  2. リワークデイケア担当医師の診察を受けます。(利用の適否についてスタッフがカンファレンスで検討します)
  3. 参加可能と判断された場合、リワークデイケアスタッフとの面接を行い利用開始となります。

他院通院中の方

  1. 主治医にリワークデイケア利用についてご相談ください。
  2. 主治医もしくはソーシャルワーカーからデイケア看護師長へリワークデイケアの利用相談をしてもらうよう依頼してください。新来患者としてご自身で予約手続きを行う場合は申込用紙に「リワークデイケア希望」と明記し、FAX申し込みをしてください。
  3. リワークデイケア担当医師の診察を受けます。(利用の適否についてスタッフがカンファレンスで検討します)
  4. 参加可能と判断された場合、リワークデイケアスタッフとの面接を行い利用開始となります。

※リワークデイケア担当医の面接の結果によっては、すぐに通所開始とならない場合があります。

※支援の内容や進み具合に応じて、主治医を当院の医師に交代していただくことがあります。

参考資料

リワークデイケアパンフレット

休職中に活用できる社会保障制度のリーフレット

各種社会保障制度について解説している資料ですので、ご活用ください。この資料は「平成30年 精神・神経疾患研究開発費 認知行動療法を国民の生活につなげる研究」の一環で、国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター、東京都社会保険労務士会 武蔵野統括支部、NTT東日本関東病院精神神経科 秋山剛先生により作成されました。資料内の各種データは2019年2月時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

お問い合わせ

国立精神・神経医療研究センター病院 リワークデイケア

042-341-2711 (代表)

※「リワークデイケアについての問い合わせ」とお伝えください。

用語解説

【き】

・キャリアデザイン
働くことを通じ、なりたい姿やありたい姿を整理し、仲間と意見交換をします。

【こ】

・コーディネート面談
ご本人・会社の産業保健スタッフ・主治医・リワークスタッフが集まり、復職に向けた方向性を確認します。

・個人面談
週1回リワークスタッフと面談し、体調や復職に向けた取り組みを確認します。

・コミュニケーショントレーニング
苦手な対人場面への対処法を皆で検討したり、疑似体験することでスキルを身に着けます。

【さ】

・産業医に聞いてみよう
企業で活動している産業医から一般的な復職要件を聞き、模擬面談を受けることで面談場面に備えます。

【し】

・自分の取扱説明書
疾病とうまく付き合いつつ、働いていくための対処法を整理し、仲間と意見交換します。

・社労士に聞いてみよう
労務管理の専門家である社会保険労務士から休復職規定の確認点や社会保険制度を聞き、復職準備に役立てます。

・集団認知行動療法
物事の考え方を柔らかくしつつ、現実的で具体的な解決方法を仲間とともに考え、実験していきます。

・ジョブ・クラフティング
与えられた仕事であっても、充実感を得られる方法を自ら創意工夫し、仲間と意見交換します。

【に】

・人間関係づくりグループワーク
組織の中で協働していくために必要なスキルを体験学習を通じて学びつつ、仕事感覚を取り戻します。