研修案内

研修会について

 薬物依存症の治療と回復支援に携わる関係機関職員を対象とした各種研修会を実施しています。わが国の精神医療、精神保健においてますます重要性を増す薬物問題ですが、薬物依存臨床に携わる関係機関職員が治療や回復支援のスキルアップをはかるための機会は多くありません。研修会では、薬物依存臨床に必要な基礎知識を身につけ、薬物依存症者とその家族に対する援助技術の向上をはかることができるよう、多彩な講師陣で充実したプログラムをご用意しています。ぜひふるってご参加ください

平成30年度全国依存症等関係者研修(薬物依存症)
1)依存症相談対応指導者研修
2)依存症治療指導者研修
3)依存症地域生活指導者研修

本研修は、平成29年度より始まった「依存症対策全国拠点機関設置運営事業」の一環として開催され、都道府県等における依存症の支援に必要な人材養成を推進し、 都道府県等において指導的な役割を果たす者を養成することを目的として行うものです。

対象者 1) 都道府県等の精神保健福祉センター等において薬物依存症の相談支援に当たる職員
2) 都道府県等の依存症専門医療機関等において薬物依存症の治療に当たる医療従事者
3) 都道府県等・市区町村において依存症患者等の地域における生活の支援を行う者(障害福祉サービス事業者、相談支援事業者等)
研修期間 2018年7月23日(月)~25日(水) 
※3)については2018年7月23日(月)のみ

※H30年度の研修は終了致しました。
申込期間 2018年5月14日(月)~6月13日(水)
定員 100名(応募者多数の場合は選考)

詳細・お申し込みはこちら

第32回 薬物依存臨床医師研修 第20回 薬物依存臨床看護等研修

薬物依存の基礎知識と臨床的対応法を学び、薬物依存の診断、治療及び予防に役立てることを目的とした研修会です。

対象者 精神科病院、精神保健福祉センター等に勤務する医師、看護師等
研修期間 平成30年9月4日(火)~9月7日(金)

※H30年度の研修は終了致しました。
申込期間

平成30年6月28日(木)~7月25日(水)

詳細・お申し込みはこちら(医師)

詳細・お申し込みはこちら(看護師等)

第10回 認知行動療法の手法を活用した薬物依存症に対する集団療法研修

米国の薬物依存症外来治療プログラムMatrix Modelを参考に開発した認知行動療法や、家族支援の基礎を学び、援助技術の向上を図るための研修会です。この研修会は平成28年度診療報酬改定で新設された「依存症集団療法」の施設基準にかかる研修会です。

対象者 医療機関、行政機関、司法機関、民間回復施設等で薬物依存症者の援助に従事している者
研修期間 平成30年11月19日(月)~11月21日(水)
申込期間 平成30年9月11日(火)~10月1日(月)

詳細はこちら

治療共同体エンカウンター・グループ研修

治療共同体モデルにおいて最も象徴的なグループとされるエンカウンター・グループの基礎を学び、エンカウンター・グループの実践技術習得を目的とした研修です。 

対象者 医療機関、行政機関、司法機関、民間回復施設等で薬物依存症者の援助に従事している者
研修期間 2018年11月5日(月)10時~16時
申込期間 2018年9月11日(火)~10月15日(月)
申込方法 参加ご希望の方はメールでお申し込みください。
件名に「11/5 研修参加」とご記入の上、①お名前②所属③職種(お立場)を記載してください。
宛先:精神保健研究所薬物依存研究部 中野
s02nakano@ncnp.go.jp
定員 50名(先着順)

詳細はこちら


薬物依存症外来をご希望の方へ

依存症拠点機関事業



更新履歴

2018/10/24
HOME、研修案内を更新しました。


2018/10/17
HOME、メンバー、研修案内を更新しました。


2018/10/03
HOMEを更新しました。


2018/9/18
HOME、メンバー、研修案内、研究報告書を更新しました。


2018/9/11
研修案内を更新しました。


アクセス

国立研究開発法人
国立精神・神経医療研究センター

精神保健研究所 薬物依存研究部
〒187-8553 
東京都小平市小川東町4-1-1
TEL:042-346-1954
FAX:042-346-1954
email:dhp02@ncnp.go.jp

公共交通機関でのアクセス
・西武線萩山駅 徒歩7分
・JR新小平駅 徒歩10分

詳細はこちら(別窓で開きます) ▶