研究内容

脳神経疾患は死に直結する疾患で、たとえ死を免れたとしても重篤な後遺症が残ります。私たちは、脳神経疾患の克服を目指し、特に脳の神経回路の傷害と修復がいかに制御されるか、そのメカニズムの解明を通じて、新しい脳神経疾患の治療薬の開発へ貢献することを目指しています。

現在進行している研究テーマの一部をご紹介します。

  1. 神経回路の傷害と修復における臓器間ネットワークの意義の解明
  2. 神経系の血管系・免疫系のクロストーク
  3. 神経発生と修復の関係性

当センターは、他大学の学生を積極的に受け入れています。当研究部では、学生であってもそれぞれ独立した研究テーマをもち、学会発表や論文発表できるようになるため、ポスドク以上の研究者が直接指導をしています。私たちの研究内容、研究活動に興味がある方は、ぜひ一度ご連絡ください。