<神経研究所>
〒187-8502
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel: 042-341-2711
Fax: 042-342-7521

TOP 研究所の紹介 > 所長のあいさつ

所長のあいさつ

国立精神・神経医療研究センタ-神経研究所は世界の最前線で挑み続けています。

 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所はNCNPの一員としてNCNP病院、精神保健研究所などと協働し、精神疾患・神経疾患・筋疾患・発達障害などの病態や病因の解明及びそれらの予防法と治療法の開発に取り組んでいます。14研究部門と3管理室から成り立ち、生物学的研究を中心に、基礎研究から橋渡し研究にかける部分で貢献をしています。

 神経研究所のバリューの第一は脳科学の基礎研究を行う研究所としてだけでなく、臨床研究も行える環境のもと、国民の皆さまの健康増進に直結する研究を行っている点にあります。研究所の構成は医学部、薬学部などの医療系学部出身者だけでなく、理学部、工学部、農学部などで研鑽を積んだ多彩な学術的背景を持つ研究者から成り立っています。つまり、神経研究所のバリューの第2はその学際性であり、研究展開において多様性を持っている点にあります。科学技術の進展をいち早く取り入れ、最先端の成果を上げる土壌が育っています。

 神経研究所のバリューの第3は次世代を担う若手研究者のキャリアパスを考えた対応が出来る点にあります。たとえば、国内に先がけて設けられた流動研究員制度は博士研究員の安定した研究活動に貢献しており、現在は定員45名に及ぶ研究者が活躍しています。その他にも日本学術振興会特別研究員、科研費研究員、研究生、併任研究員、客員研究員など様々な身分での研究参加があり、総勢200名に達する陣容を誇っています。

 また神経研究所は実質的な大学院大学としても機能しています。平成16年度から早稲田大学理工学術院、平成18年度から東京医科歯科大学、平成21年度から山梨大学、平成22年度から千葉大学、平成25年度からは東京農工大学との連携大学院制度が開始されています。さらに神経研究所では、国内のみならずアメリカ、ドイツ、フランス、中国、韓国、フィリピンなど諸外国からの留学生(研究員)も受け入れています。ジョンスホプキンス大学、ハーバード大学、マックスプランク研究所、パスツール研究所、ピエール・マリー・キュリー大学、メルボルン大学など海外の研究機関との共同研究も盛んに行なわれています。

 神経研究所の歴史は、昭和53年4月1日に遡ることが出来ます。当時の国立療養所武蔵病院の中に「神経センタ-」として設立されました。8部16室でスタ-トをしましたが、昭和61年10日1日に、国立精神・神経センタ-(当時)の設立に際して「神経研究所」と改称され、組織も14部35室、2管理室体制に拡張されました。平成22年4月1日からはNCNPが独立行政法人化されたことに伴い、その名称は国立精神・神経医療研究センター神経研究所となりました。NCNPは平成27年4月1日からは国立研究開発法人として位置づけられています。平成7年に中核的研究拠点育成事業の対象として選定されるなど神経研究所は所員のたゆまぬ努力により着実に発展してきています。「神経センター」開設以来40年を経てもなお国内で最も活力ある研究所の一つとして世界の最前線で挑み続けています。

 NCNPにおける研究所施設としましては、本館、2号館、3号館が存在しています。神経研究所は精神保健研究所と相互乗り入れの形でスペースを共有しています。神経研究所にはその他に、小型実験動物研究施設、総合実験動物研究施設、実験動物画像解析施設が建物として付随しています。このように総合的な研究が行える場を神経研究所は提供しています。このような環境のもと、それぞれの研究者が部門の垣根を隔てて日々活発な科学的討論を交わしています。

 神経研究所は国民の皆さまの期待に応えるべく、神経、精神、筋、発達障害の病気で悩む方々のために明るいニュ-スをお届け出来るよう、これからも日夜努力して参ります。私どもの活動に対しまして、ご意見ご批判を賜ることが出来ましたらこの上ない喜びです。

 これまでご指導を頂きました内外の皆さまにこの場を借りて厚く御礼を申し上げますとともに、引き続き神経研究所をご支援くださいますようお願い申し上げます。

平成30年4月
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センタ-
神経研究所 所長 和田 圭司

前へ戻る