ご寄付のお願い

ご寄付のお願い
  1. TOP
  2. NCNPについて
  3. ご寄付のお願い

理事長メッセージ

皆様からいただいたご寄付は、わが国の「脳とこころの健康大国」の実現をめざすNCNPの使命の実現のために活用させていただきます。

21世紀は「脳の世紀」と言われ始まりました。国民の5人に1人が何らかの脳あるいはこころの問題を抱えており、現代はまさに「脳とこころの時代」といえます。例えば、「自殺」という社会問題とも関連してうつ病に関心が持たれていますし、発達障害の増加も社会的関心となっています。喫緊の課題でもある認知症や、高齢化に伴って増加するパーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋ジストロフィーを始めとする難治性疾患などへの対応も重要です。これらの脳やこころの病気が患者さんに大きな苦しみや障害をもたらすのみならず、社会的に大きな課題ともなっており、わが国は「脳とこころの健康大国」をめざすことを国家戦略の柱の一つと定めております。

握手画像

NCNPは、まさにこの「脳とこころの健康大国」の実現をめざし、まだ解決されていない多くの脳とこころの病気の原因解明、治療法の確立、モデル医療の開発に取り組んでおります。

ナショナルセンターとして、精神疾患、神経疾患、筋疾患、発達障害の克服のために、研究所と病院が一体となった世界的にもユニークな精神・神経医療研究センターとして使命を果たすべく職員一同、努力しております。

皆様のより一層のご支援を心よりお願い申し上げます。

新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う緊急のお願い

 当センターでは、新型コロナウィルス感染症の拡大を防ぐため、そして今、当センターの専門医療を必要としている患者様を守るために様々な対応を実施しており、そのために諸経費等が嵩んだことなどにより経営が逼迫してきております。
 医療崩壊を防ぎ、患者様の命を守るために、ご寄付ににご協力いただけると誠にありがたく存じます。

※ 当センターは保健医療機関であるため、医師、看護師等の職員が金品等のお礼を受領することは禁止されていますが、当センター全体の発展に資する「寄付」は認められています。宜しくお願い致します。
※ 小口寄付(一万円以下に任意の金額)も歓迎しております。
※ クレジットカードによる寄付は、本ホームページから容易に手続きができます。

【ご寄付の申し込み方法については、こちらをご覧ください。】

 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターでは、より充実した「脳とこころの病」に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、個人や企業の皆様方に対し広く寄付金等の支援をお願いしています。
 これまで多くの皆様からご支援をいただいていますことを心より御礼申し上げますとともに、当センターの発展のために、更なるご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、寄付に関しましては、リーフレット及び寄付受入規程をご覧ください。

※ 当センターへの寄付金につきましては、特定公益法人への寄付として、税制上(所得税、法人税、相続税)の優遇措置があります。

※ 国立精神・神経医療研究センターは、内閣府より公益のための私財を寄付された方に授与される「紺綬褒章」の申請対象となる公益団体の認定を受けております。
 国の褒章制度の詳細については、内閣府ホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
トランスレーショナル・メディカルセンター
ビジネスディベロップメント室

TEL:042-341-2711(代表) 042-346-3526(直通)
FAX:042-346-3564
(受付時間:平日9:00~17:00)
E-mail:tmcbd@ncnp.go.jp
〒187-8551東京都小平市小川東町4-1-1