法人のかたへ

  1. TOP
  2. NCNPについて
  3. ご寄付のお願い
  4. 法人のかたへ

寄付金等の対象及び受入条件等

  1. 寄付金等の対象は、現金、有価証券のほかに、土地、建物、研究機器、医療機器等が対象となります。
  2. 寄付金等の受入の主な条件は次のとおりです。
    1. 精神・神経疾患、精神保健に係る医療の提供、調査研究、技術の開発、技術者の研修、成果の普及等に関すること、精神・神経疾患等、精神保健に係る政策の提言等に関することに使用されることを、ご了承いただけること。
    2. 寄付をくださった方へ当センターから特別な便宜をお図りすることは出来ないことを、ご了承いただけること。
    3. 以下の場合は、寄付を受け入れることができませんので、ご注意ください。
      1. 以下のいずれかに該当する条件を付したとき。
        1. 寄付により取得した寄付金品を無償で寄付者に譲与または貸与することができること。
        2. 寄付による研究の結果得られた知的財産等を寄付者に譲渡し、または使用させることができること。
        3. 寄付金品の使用について、寄付者がその会計を検査することができること。
        4. 前各号に掲げるもののほか、寄付者がセンターに対して何らかの反対給付を求めることができること。
        5. 寄付の申込後に、寄付者の一方的な意思表示により、寄付の全部または一部を取り消すことができること
      2. 以下のいずれかに該当する場合。
        1. 寄付金品の受入れに伴い、センターの経費支出が著しく増大するおそれがある場合
        2. 寄付者の社会的な立場や信用に問題がある場合
        3. その他理事長が寄付を受入れることが適当でないと認める場合
  3. その他、寄付に関しましては、
    国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター寄付受入規程をご覧下さい。

税制上の優遇措置について

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターは特定公益増進法人として定められています。当センターに寄付金を頂いた法人は税制上の優遇措置が受けられます。
法人の場合 法人税法の規定により、一般の寄附金の損金算入限度額とは別枠で損金算入限度額まで「損金」に算入することができます。

優遇措置の詳細については国税庁にお問い合わせください。

寄付の方法

寄付申込書をダウンロードいただき、必要事項を記載して、下に記載した「寄付のお問い合わせ、お申込み先」へご送付ください。

寄付申込書のダウンロードはこちらから可能です。
寄付申込書 / 寄付申込書(記入例)

寄付申込書送付後のお手続きは次のとおりとなります。

  1. 受け入れが決定しましたら、当センターより
    寄付金は、「振込依頼書」
    物品等は、「寄付受入書」
    を送付します。
  2. ご送付致しました「振込依頼書」または、「寄付受入書」に基づき手続きを行っていただきます。
  3. 寄付金等を受領しましたら、当センターより、寄付金の場合は「寄付金領収書」、物品等の場合は「寄付受領書」を送付します。

寄付のお問い合わせ、お申し込み方法

  1. 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
  2. TEL:042-341-2711(代表) 042-346-3526(直通)
    (※電話番号のおかけ間違いにはご注意ください)
    FAX:042-346-3564
    担当:トランスレーショナル・メディカルセンター ビジネスディベロップメント室