【オンライン開催】第2回 発達障害者支援研修:行政実務研修

【オンライン開催】第2回 発達障害者支援研修:行政実務研修
  1. TOP
  2. 精神保健研究所
  3. 令和3年度(2021年度)精神保健に関する技術研修
  4. 【オンライン開催】第2回 発達障害者支援研修:行政実務研修

令和3年度精神保健に関する技術研修一覧はこちら

開催概要

【日時】令和4年1月25日(火)~令和4年1月26日(水)

【場所】 オンライン開催(Zoomを使用します)

【定員】各自治体1または2名 合計67名(行政担当者、医師のペアでの参加が望ましい)

【対象者】行政的な立場で各自治体の「かかりつけ医等発達障害対応力向上研修」の企画・実施に携わる者、もしくは発達障害者支援センター職員

【申請時に提出する事前課題】
受講者の勤務する自治体の早期発見・支援体制の現状、および受講者が受講後に自治体に戻って果たす役割について、申請時に事前課題を提出してください。

目的

厚生労働省は各地域における発達障害の早期発見・早期支援のための体制整備及び適切な事業実施を推進するために、「かかりつけ医等発達障害対応力向上研修」の実施要綱を定め、平成28年度から各都道府県・指定都市において関係団体等と連携の下での研修の事業実施についての通知を発出した。
本研修は、行政的な立場で各自治体の「かかりつけ医等発達障害対応力向上研修」の実施に携わる者もしくは発達障害者支援センター職員を対象として、各自治体において研修を企画立案することを目的とする。なお、本研修受講者は、当センターの発達障害者支援研修(医師向け)を受講する医師と連携することが必要となる。

研修主題

自治体における発達障害者支援体制の整備およびかかりつけ医研修

課程内容

プログラム_行政実務研修.png

申込方法・期間 

【受講を希望される方へ】
この研修は自治体推薦による研修です。受講願書を同封の上、各自治体にお申込み下さい。
応募の際のメールアドレスには共用アドレスを使用しないようお願いいたします。
 

申込期間:令和3年11月1日(月)~11月22日(月)(センター書類必着日:12月7日)
※申込み方法詳細は、募集要項をご確認下さい。

【自治体(都道府県・政令指定都市)の皆様へ】
受講希望者の申請書取りまとめ及び推薦について」をお読みの上、願書をお取りまとめ下さい。
また、事前課題の提出が必須となっておりますので、併せて下記までご郵送下さい。

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
研究所事務室 研修担当 宛

受講料

無料