ホームトピックス一覧 > モデル動物開発研究部 小泉昌司 研究員が予防衛生協会技術奨励賞を受賞しました。

モデル動物開発研究部 小泉昌司 研究員が予防衛生協会技術奨励賞を受賞しました。

2019年12月16日
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)

 

モデル動物開発研究部 小泉昌司 研究員が予防衛生協会技術奨励賞を
受賞しました。

 

 

 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP, 東京都小平市,理事長:水澤英洋)神経研究所(所長:和田圭司)モデル動物開発研究部(部長:関和彦)小泉昌司 (コイズミマサシ)研究員が,平成31年度予防衛生協会技術奨励賞を受賞し、令和元年11月30日の「第二十三回予防衛生協会セミナー」(開催地:茨城県つくば市)において表彰されました。本受賞は、研究課題「受動型赤外線センサーを用いたマーモセットのホームケージでの活動量計測」に対するものです。



■参考:モデル動物開発研究部ホームページ

[ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です