<筋炎関連自己抗体測定サービス終了について>

 免疫介在性壊死性ミオパチーと関連する抗SRP抗体(RNA免疫沈降法)および抗HMGCR抗体(ELISA法)について、商業的な測定サービス が開始されることとなりました。
 これに伴い、2016年3月31日到着分をもって筋炎関連自己抗体測定サービスを終了いたしました
 2016年4月1日以降は商業的サービスをご利用頂き、測定結果を病歴に記載して頂きますようお願いいたします。
 受託先を含む詳細については、測定のご協力を頂いている慶應義塾大学神経内科・神経免疫グループのHPをご参照下さい。
 http://www.keio-med.jp/neurology/nig/research2.html

【参考】

  • 免疫介在性壊死性ミオパチーが疑われる場合に測定が必要な自己抗体
    • 抗SRP抗体
    • 抗HMGCR抗体
    • 抗ARS抗体(抗Jo-1抗体含む)
    • 抗ミトコンドリアM2抗体
  • 皮膚筋炎が疑われる場合に測定が必要な自己抗体
    • 抗MDA5抗体
    • 抗TIF1γ抗体
    • 抗Mi-2抗体
    • 抗NXP-2抗体
    • 抗SAE抗体

疾病研究第一部

私たちは、筋ジストロフィーやミオパチーを初めとする各種神経・筋疾患の一日も早い病因・病態解明と治療法開発を目指した研究を行っています。

写真

be病歴用紙が新しくなりました

病歴用紙が新しくなりました(2016年6月11日)。新しいバージョンのものをご使用頂きますようお願いいたします。


be平成28年度「筋病理セミナー」を開催いたします

2016年8月1日-8月5日と2016年8月29日-9月2日に筋病理セミナーを開催いたします。詳細は第54・55回筋病理セミナーのご案内をご覧下さい。【申込締切2016年6月16日必着】


be2015年12月6日-7日、精神・神経疾患研究開発費(26-8)「筋ジストロフィー関連疾患の基盤的診断・治療開発研究」【西野班】H27年度研究班会議(事前予約不要)が開催されます。new


cup2015年9月30日-10月4日、イギリスで開催された
「第20回 World Muscle Society(WMS)」において石山昭彦併任研究員(疾病研究第一部併任・病院小児神経診療部常勤医師)が優秀賞を受賞しましたnew


更新情報

2016-09-13
研究業績を更新しました。new
2016-09-02
研究業績を更新しました。
2016-08-02
研究業績を更新しました。
2016-06-29
研究業績を更新しました。
2015-06-11
病歴用紙を更新しました。
2016-06-08
スタッフを更新しました。
2016-05-30
研究業績を更新しました。
2016-05-16
研究業績を更新しました。
2016-05-02
研究業績を更新しました。
2016-04-18
研究業績を更新しました。
2016-03-24
研究業績を更新しました。
2016-03-01
スタッフ研究業績を更新しました。
2016-01-28
研究業績を更新しました。
過去の更新情報