てんかん

てんかん

  1. TOP
  2. 患者の皆様へ
  3. てんかん
tenkan.png

(外部リンク)

てんかんとは

てんかんは、脳の神経細胞が過剰に活動することによって繰り返し発作が引き起こされる(てんかん発作)病気です。てんかんは、どの年齢でも発症しますが、小児や高齢者での発症が多いです。患者さんの数は1000人に5〜8人といわれており、よく見られる病気です。診断には発作の際の症状に加えて、脳波、MRIなどの画像検査が役立ちます。血管障害や腫瘍、形成異常などの脳の障害による場合、遺伝による場合がありますが、原因がはっきりしないこともあります。

てんかんの症状

てんかん発作の症状は、発作の活動が脳のどこから起こるのか、どのように広がるのかで様々に異なりますが、大きく分けると、全般発作と焦点発作に分けられます。脳全体が一気に発作の活動に巻き込まれるものを全般発作、脳の一部から生じる発作を焦点発作と呼びます。焦点発作がそのまま脳全体に広がることもあります。発作症状の代表的なものは以下のようなものです。

  • 意識がなくなり手足が硬くなり、その後ガクガクと全身がけいれんする発作。
  • 意識が数秒~十数秒ほど途切れる。
  • 意識が朦朧とし、手を動かしたり、口をくちゃくちゃと動かしたりする。
  • 手、足、肩などがピクッと動く。
  • 頭が一瞬前へ倒れるとともに、両手が上に上がる。
  • 体の一部(例えば右腕)に力が入る。そのまま全身に広がることもある。
  • 体の一部に異常な感覚を感じる。
  • お腹の中で込み上げてくる感じがする、急に動悸がする、などの自律神経の症状
  • 恐怖感、ものが歪んで見える、初めて経験したことが以前にも経験したように感じられる、など。

てんかんの治療

てんかん発作の治療には抗てんかん薬を使用します。発作の症状や原因によって様々な抗てんかん薬の中から使用する薬剤を選択します。抗てんかん薬で約70〜80%の方で発作がなくなります。他の治療法としては、ステロイドなどの抗てんかん薬以外の薬剤、ケトン食などの食事療法があります。また、外科手術が有効なこともあります。てんかん外科の手術は、発作の起こっている脳の一部を切除する手術のほか、発作の程度や頻度を改善することを目的とする脳梁離断術や迷走神経刺激術もあります。

てんかんの検査、治療の詳細はてんかんセンターページもご覧ください。

NCNP病院の診療科・専門疾病センター