ADHD(多動性症候群)

ADHD(多動性症候群)

  1. TOP
  2. 患者の皆様へ
  3. ADHD(多動性症候群)

ADHD(注意欠如・多動症)とは

注意欠如・多動症(ADHD)とは、年齢あるいは発達に不相応に、不注意、落ちつきのなさ、衝動性などの問題が、生活や学業に悪影響を及ぼしており、その状態が6ヶ月以上持続していることと定義されています。脳機能の発達や成熟に偏りが生じた結果と考えられていますが、その原因はまだよくわかっていません。遺伝的な素因や周産期の問題、環境要因などが複雑に関連して症状が現れるといわれています。約5%のこどもがADHDと診断されています。男児は女児より3から5倍多いことも知られています。ADHDのこどもたちへの対応が不適切な場合、反抗的な態度や攻撃的な行動をきたす問題行動が現れること、学習の遅れ、精神的ストレスからメンタルヘルスの異常をきたすことがあり、適切な早期介入が重要であると考えられています。

ADHD(注意欠如・多動症)の症状

以下の9つの症状がそれぞれ(不注意と多動・衝動性)6項目以上みられて、それらが6か月以上継続し、家庭や学校など二つ以上の環境で、生活や学業に悪影響をきたしているときにはADHDの可能性があります。

不注意

  • 学業・仕事中に不注意な間違いが多い。
  • 課題や遊びの活動中に、注意を持続することが出来ない
  • 直接話しかけると聞いていないように見える。
  • 指示に従えず、業務をやり遂げることが出来ない
  • 課題や活動を順序立てることがむずかしい
  • 精神的努力の持続を要する課題を避ける、いやいや行う
  • なくし物が多い
  • 他の刺激によって気が散りやすい
  • 日々の活動の中で忘れっぽい

多動・衝動性

  • 手足をそわそわ動かしたり、いすの上でもじもじする
  • 授業中に席を離れる
  • 不適切な状況で走り回ったり高いところに登ったりする
  • 静かに遊べない
  • まるでエンジンで動かされているように行動する
  • しゃべりすぎる
  • 質問が終わる前に出し抜けに答えてしまう
  • 順番を待てない
  • 他人の邪魔をする

ADHD(注意欠如・多動症)の検査

ADHDの診断は、丁寧な問診を行った上でADHD-RS(Rating Scale)、Connersなどの保護者向けあるいは本人用の質問紙を用いた行動評価に基づいて行われます。その他、脳機能評価のため脳波検査、行動評価のための検査、知能検査などを含む心理検査、背景疾患の精査のため血液検査や頭部画像検査などがこどもの状況に応じて行われることがあります。

ADHD(注意欠如・多動症)の治療

治療の基本は、こどもたちおよび周囲の人たちが、その特徴を理解し、行動をコントロールして適切な行動が取れるようにすることです。何よりも「自分は得意なところがある」し「やればできるんだ」という自尊感情、自己意識を高めることが重要です。

1.心理社会的治療
こどもとかかわる保護者や教師などがこどもの示す行動特徴を理解し、対応をとることが必要であり、そのための環境調整や保護者が接し方を学ぶペアレントトレーニング、ペアレントプログラムなどがあります。

2.薬物療法
現在抗ADHD薬といわれている薬剤が3種類販売されており、症状の特徴やライフスタイルに合わせた薬物の選択が行われています。また当院では新しい抗ADHD薬の治験なども積極的に行っています。その他にこどもの示す症状に応じて、抗うつ薬、気分安定薬や向精神薬などが使用される場合があります。

ADHD(注意欠如・多動症)のトピックス

ADHDの診断は、保護者への問診や本人の症状をもとに行われることが多く、検査などから客観的評価の出来るバイオマーカーがないのが現状です。ADHDは、脳の機能の中で実行機能が未熟であることが指摘されています。また睡眠の問題もあることが指摘されています。当科では研究所のスタッフと協力して、診断や重症度判定のバイオマーカーの開発を行っています。

NCNP病院の診療科・専門疾病センター